たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  八王子市 八王子市

気軽に「外国人観光客誘致」なんて言わない方がいい

こんばんは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集長こぐまです。

昨年の後半から、「インバウンドで地方創生」というテーマで、セミナーや勉強会を開催させて頂いています。

多摩に限らず、外国人観光客の誘致で地方創生を目指すのは、良い方法ではあると思います。

良い方法だと思うから、これまでも色々な事例を紹介させて頂きましたし、これからもさせてもらうつもりです。

ただ、「流行」だけを追ってインバウンドを考えるのだとしたら、すぐにその考えをやめた方が良いと思います。

えー、今まで勧めてきたくせに、急に何それ?と思われるかもしれませんが、先日訪れた外国人に人気の観光地・河口湖で、改めて考えさせられる出来事があったんです。

この写真は、河口湖周辺の観光地をめぐる周遊バス。
だいたい15分間隔で走っていて、あちこち観光したい人には助かります。

特に、日本の運転免許を持たない外国人観光客の利用が多く、
僕たち家族が旅行した2日間は、アジア系の乗客が大半でした。

車内アナウンスは、日本語に続いて中国語が流れていました。
公共交通機関のアナウンスは、多言語対応するのがマストですね。

ただ、僕が驚いたのは、こんな「当たり前」の多言語対応ではありません。
バスの運転手さんが、非常に流暢に、英語で外国人観光客の方に語りかけるんです。

15分間隔で走っているとはいえ、時間帯によっては周遊バスが混雑します。

路線バスなどでも混雑字によく耳にする「もう一歩中ほどへお詰め下さい」
という運転手さんからの声掛け。
これも、河口湖のバスの運転手さんは、格好よく英語で言います。

さらに驚いたのが、満員でこれ以上はお客さんを乗せられない…というとき。

日本語だと
「車内が混みあっていて、皆さんにご乗車頂くことができません。
「あと3名様だけご乗車頂けますが、3名様グループの方はいらっしゃいますか?」
「5分ほどで臨時のバスが参りますので、後の方は少々お待ち下さい」
っていうやりとりを、運転手さんは英語で上手にやってました。

ただでさえ、混雑していて難しい対応をしなければならない中、
きちんと状況説明をして、不安にさせないように案内する。
これ、すごいことですよね。

運転手さんの気持ちも伝わる対応に、誰ひとり文句を言わずに、
「OK,Thank you」とマナー良く応えた外国人観光客の方もすごい。

英語を使った「OMOTENASHI」に、日本人の僕も感動させられました。

これくらいの対応ができないと、外国人観光客の方に
「行って良かった」「また行きたい」と思ってもらうのは難しいということでもあります。

単に、外国人観光客が増えてるから、うちのお店にも来てもらえたらいいなー、なんて甘い考えでいると、いざ外国人観光客の方が来店されたときに痛い目にあいます。
だって、彼らの母国語で説明してあげられますか?
多くのお店にとって、これは難しいことですよね…。

全ての人が流暢な外国語を話せるようになろうとすると、
壁が高すぎてクリアできないかもしれません。

では、これはどうでしょう?

せめて、お店やホテルなどの掲示物やメニュー表、ホームページなどのツールを、多言語対応する。
また、よく聞かれる質問事項なんかも、あらかじめ多言語対応した資料を用意しておいて、説明する際に使う。

日本語での説明しかしてくれないお店と、母国語での説明もしてくれるお店。
どちらの方が安心して行けるかといえば、当然後者ですね。

まずは、多言語対応したメニュー表やホームページ作りから始めませんか?
僕たちは、英語・中国語・タイ語でのメニュー表作成、ホームページ制作も行っています。
ご興味のある方は、ご相談下さい。

当然、費用はかかります。
外国人観光客の方に来てもらいたいのであれば、環境整備は必要。
費用がかかったとしても、外国人観光客の誘致に挑戦したい!という思いのある方は、ツール作りから取り組んでみてはいかがでしょうか?

  • にほんブログ村 ネットブログ ポータルサイト・インターネットメディアへ
    にほんブログ村のランキングに参加中。クリックで応援して下さい!


     あなたへのお薦め記事

    red_rightビジネスブログ・オウンドメディア運営に最適!ビジネス会員サービスについて

    同じカテゴリー(海外・インバウンド)の記事画像
    なんば・心斎橋・日本橋から徒歩圏内のホテルナニワ、多言語対応ばっちり
    新宿から富士山・富士五湖方面への外国人旅行客がバスタ新宿に集まるワケ
    歡迎光臨!台湾から多摩地域へようこそ!高まる台湾人インバウンド集客にお応えするために
    「グローカルメディア」で多摩地域をグローカル化、情報発信チームを作ろう!
    「グローカル人材」で多摩地域をグローカルタウンに
    外国人が住みたい町、留学生が住み続けたくなる地域を目指して…「多摩グローカルカフェ」開催します
    多摩地域にある大学のキャリアセンターさん、留学生の就職支援はどうされてますか?
    「秋川渓谷 瀬音の湯」の外国人観光客へのおもてなしは、果たして何点?
    同じカテゴリー(海外・インバウンド)の記事
     なんば・心斎橋・日本橋から徒歩圏内のホテルナニワ、多言語対応ばっちり (2019-04-16 07:30)
     新宿から富士山・富士五湖方面への外国人旅行客がバスタ新宿に集まるワケ (2018-09-13 08:00)
     歡迎光臨!台湾から多摩地域へようこそ!高まる台湾人インバウンド集客にお応えするために (2018-02-26 08:00)
     「グローカルメディア」で多摩地域をグローカル化、情報発信チームを作ろう! (2017-11-14 08:00)
     「グローカル人材」で多摩地域をグローカルタウンに (2017-11-08 08:00)
     外国人が住みたい町、留学生が住み続けたくなる地域を目指して…「多摩グローカルカフェ」開催します (2017-10-26 08:00)
     多摩地域にある大学のキャリアセンターさん、留学生の就職支援はどうされてますか? (2017-06-01 08:00)
     「秋川渓谷 瀬音の湯」の外国人観光客へのおもてなしは、果たして何点? (2017-02-24 08:00)

     
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。