たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  八王子市 八王子市

ナビボタン付き このテンプレートを使うには?

多摩コミュニティビジネスシンポジウムに他県からゲストが来まくるのは、なぜ?


おはようございます。
多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集長こぐまです。

2月24日(日)、東久留米市にある自由学園で開催された「多摩コミュニティビジネスシンポジウム2019」に参加してきました。
2009年に立ち上がった多摩CBネットワーク主催で、毎年開催、今回が10回目。

従来だと基調講演1つ+多摩地域でのコミュニティビジネス事例を数名団体くらいなんですが、今回はハンパない登壇者数でした。

全体は「多摩CB物語」という大きなテーマで括られていて、「創生」「挑戦」「未来」という3つの柱に対して、総勢15人もの人がステージに上がった…前代未聞のシンポジウム。
時間が許すなら1泊2日の合宿にして、それぞれじっくり話を聞いてみたい方々でした。

多摩コミュニティビジネスシンポジウム





  • 多摩コミュニティビジネスシンポジウム2017に参加・出展してきました


    こんばんは。
    多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集長こぐまです。

    26日(日)は、年に一度の多摩CBネットワークのメンバーが大集合して、先進事例・近況を発表し、交流するイベント「多摩コミュニティビジネスシンポジウム2017」に参加してきました。

    毎回、多摩地域の大学を会場にお借りしていますが、今回の会場は今年度から三鷹市下連雀に新設された「杏林大学 井の頭キャンパス」。
    初めてお邪魔しましたが、レンガタイルが印象的な温かみのある校舎でした。







  • 多摩コミュニティビジネスシンポジウム2017は「たまりば」ブースで皆さんのPRをお手伝い!ちなみに僕は留学生を育みたい


    こんばんは。
    多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集長こぐまです。

    明日2月26日は、三鷹市の杏林大学井の頭キャンパスで多摩CBネットワーク主催の「多摩コミュニティビジネスシンポジウム2017」が開催されます。

    「まちを元気にするプロデュース力を学ぶ」というテーマで8年連続の開催ってすごい。
    僕も「たまりば」を通じて「まちを元気にする」仕事をしているので、7年前から数回のパネリストとしての登壇も含め、参加させて頂いてきました。

    今年は「たまりば」運営会社ジェイ・ライン(株)として協賛させて頂いたり、後半の多摩CBフェアに「たまりば」としてブース出展させて頂けることに。

    ブースで何をしようか?悩みましたが、こういうことに決めました。







  • なんで笠間市と三鷹市?の謎が解けた、多摩CBシンポジウム2016


    こんにちは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集長こぐまです。

    午前中に別な講座のお仕事があったので、途中からの参加となってしまいましたが、今年も参加させて頂きました、「多摩コミュニティビジネスシンポジウム」。







  • 地域ビジネスで起業したい多摩県民よ、3月5日(土)はここに行こう!


    こんばんは、多摩の地域密着型ブログサービス「たまりば」編集長こぐまです。

    3月5日(土)に、2つのセミナーに出席します。

    1つは「八王子創業スクール」。
    ブログやソーシャルメディアでの情報発信をテーマに、講師を務めさせて頂きます。

    ただ、僕が講師をさせて頂く講座では毎回お話することですが、Web業界の人間だからといって、インターネットに全力投入しましょう!トレンドを追い続けましょう!なんていうお話はしません。

    それは、受講して頂くのが「地域ビジネスでの起業」を志す人たちだから。
    地域で商いをするのに、いくらインターネット上でアクセスを稼いだって、ダメ。
    ブログやソーシャルメディアは、あくまでもツールのひとつ。
    地域との関わり方を一番に考えるべきです。



    そんな前振りをした上で、2つ目のセミナーの話題にいきましょう。
    こちらは、今からでも申し込みが間に合うので、ご興味のある方は、スケジュール調整を!





  • コミュニティビジネスに関わる人が忘れちゃいけないと思うこと3点


    地域の課題を住民みずからがビジネスの手法で解決する活動
    と定義されるコミュニティビジネス。

    「たまりば」というユーザー参加型の地域情報発信プラットフォームを運営しているという面で言えば、僕の仕事の一部分はコミュニティビジネスだ。

    「コミュニティ」という言葉を使うと、なんとなく「地域のお付き合い」的な捉えられ方もしちゃいそうだけど、その解釈は違ってると感じる出来事が、ここ最近続けて起こるので、あくまで私見だけど、コミュニティビジネスに関わる人が忘れちゃいけないことをまとめてみた。






  • 本日、13時から多摩コミュニティビジネスシンポジウム&交流会


    おはようございます、こぐまです。

    いよいよ今日、2月26日(土)、国分寺の東京経済大学にて、
    多摩CBネットワーク主催のシンポジウム、
    多摩コミュニティビジネスシンポジウム」が開催されます。
    こちらの第2部で、ほんの少しだけ、本当に少しだけですが、
    コミュニティビジネスと「たまりば」の関連性について、
    お話をさせて頂く機会を頂いております…が、
    花粉症により、鼻がグズグズ、喉がガラガラ…お聞き苦しい点はご容赦を。。



    今日までのところ、200人を超える人からの申し込みがあるそうですが、
    まだまだ当日受付も可能ですので、ご興味のある方は、
    ぜひ、直接会場へ足をお運びください!




  • 田無タワーへ…コミュニティFMのFM西東京さんと打ち合わせ


    こんにちは、こぐまです。

    今日はハッピーう〜たん(仮)という多摩東部3局のコミュニティFMで、
    同時生放送をしようという企画に参加されているエフエム西東京さんへ。

    ハッピ〜うーたん(仮)は、市民参加型の地域情報発信番組だそうで、
    調布FMさん、むさしのFMさん、FM西東京さんの3局連動企画。

    市民参加型の地域情報番組ということで、「たまりば」も何かしら協力できるといいなぁ♪
    番組作りに携わるボランティアスタッフも募集中だそうですので、
    ご興味ある方はハッピーう〜たん(仮)ブログをご覧下さい!

    たまりばと、こういうコラボしてみては?なんていうアイディアも募集しまーす。
    何か閃いた方は、コメントやメールでご連絡下さい(^-^)/





  • 調布コミュニティビジネス講座で、調布野菜カレー試食


    こんにちは、こぐまです。

    今日は午後から、国領のあくろすプラザ(コクティー内)にて、
    調布コミュニティビジネス講座(主催:市民活動支援センター、運営:調布アットホーム)でした。

    コミュニティビジネス講座に出席するのは小平・武蔵野に続いて3回目ですが、
    調布でのイベントは後半にお楽しみが!
    あ、もちろん、講演内容は毎回勉強になりますが…。
    今回は初めて多摩CBネットワーク世話人、マイスタイル小平の竹内さんの講演が聴けました。

    そのお楽しみというのは、「調布野菜カレー」やスイーツの試食タイム♪
    ちょうど最近、東村山の黒焼きそばソースや、拝島ネギなど、
    地域の食材を使った料理に関心が向いているところだったので、
    ついつい研究熱心になって(笑)、おかわりまでしてしまいました(^_^)

    調布では地元野菜を使ったカレーというご当地メニューが取り上げられましたが、
    多摩にある30市町村、それぞれが自慢の食材・料理を発表しあって、
    多摩のご当地グルメ・グランプリなんてやったら盛り上がりそうですよね!

    あ、ちなみに以前にご紹介した「たま黒やきそば王座決定戦」ですが、
    多摩西部地区代表vs多摩六都(北多摩北部)代表の決戦イベントが
    4/3(土)に小金井公園、4/10(土)に昭和記念公園で開催されます。
    お花見がてら、4/10(土)に昭和記念公園で「勝手に応援イベント(オフ会)」なんて考えてますが、
    皆さん、どうでしょうかねー?





  • 地域の社会貢献活動でメリット( 多摩市・稲城市)


    こんばんは、こぐまです。

    檜枝岐からの出張から帰り、いったん吉祥寺の自宅に戻り荷物を置いて、
    金曜日夜〜土曜日夕方までは東村山の実家で過ごしました。

    自宅では新聞をとっていないので、実家では新聞を捲るのが密かな楽しみ(笑)
    2/27(土)の読売新聞で、社会貢献活動に対する取り組みが取り上げられてました。

    稲城市では、社会貢献のボランティアをすると、
    地域のお店などで使える商品券として使えるポイントがもらえるそうです。

    多摩市では、ボランティア活動をした学生の学生手帳に、社会貢献をした
    証をつけることで、就職活動での強みにしてもらう取り組みがあるそうです。

    社会貢献=無償の奉仕というイメージがあるかもしれませんが、
    貢献した分はお金に限らず何らかのメリットがある。
    これが、少子高齢化や地域の空洞化に対しての解決策のヒントな気がします。