たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  八王子市 八王子市

ナビボタン付き このテンプレートを使うには?

ビジネスフェア from TAMA


西武信用金庫さん、首都圏産業活性化協会さん主催の
ビジネスフェア from TAMA」に行ってきました。



もともと取引先の媒体社にいらした方の転職先の会社が出展していて、
弊社が代理店として販売するのに良さそうな新商材を開発したと聞いたので、
そちらの情報を仕入れに立ち寄ったんですが、
会場内を見渡してみると、
多摩地区の企業や大学、商工会関係の方も結構参加されていました。

このフェアは、TAMA協会といって、多摩地区・埼玉県の一部・神奈川県の一部という
自治体をまたいだ広域エリアの企業・学校・行政を繋ぐ取り組みをされている団体を中心に
産学官連携の促進を目指すものだったよう。

名刺を20枚くらい持って行っていたので、なくなるまでブース周り。
「たまりば」っていうサイトを運営してますと伝えると、
半分くらいの方からは「たまりば知ってるよ」という反応が!
まだまだ半分くらいの方には知られていないという課題もありますが、
現時点で、地域での産学官連携に関心が高い方々(あくまで名刺交換させて頂いた中で)の半数に認知して頂いているというのは、
ありがたい!!

もっともっと、たまりばも、Areaersも頑張るぞー!





  • 吉祥寺で町おこし!


    昨夜は久しぶりに吉祥寺のヨドバシ裏の夜を楽しみました。

    鹿児島料理のバーオハナに集まった5人。
    吉祥寺時代からの仲間もいれば、仕事仲間もいるし、奥さんも。
    それぞれ、僕との繋がりは全く別なんだけど、このごちゃ混ぜな感じが好き(笑)
    そういや、僕が呼び掛ける飲み会って、いつもこうだなぁ。
    異なる分野の人たちで集まって、あーじゃねぇ、こーじゃねぇ。



    昨夜の飲み会では、「吉祥寺の街を元気にしよう!」という話題が盛り上がりました。
    吉祥寺って、外から見ると「住みたい町ナンバーワン」だそうですが、
    実際に住んでみたり、この街で商売してみたりすると、印象変わるかも。

    もちろん、活気溢れる良い街だというのは間違えありません。
    でも、まだまだ伸びしろはあるはず。
    せっかく注目される環境にあるんだから、これを思い切り活かさなくちゃもったいない。
    駅ビルをはじめ、中心部が生まれ変わろうとしてるこんな時期だからこそ、
    吉祥寺を、もう一度、真面目に考える必要もあるのでは?
    ここ数年はいいとしても、10年後の吉祥寺がどんな街になってるかを考えると、
    今のような活気を保てているのか、「?」マーク。

    吉祥寺のことを、特にビジネスの視点で本気で考えてみる。
    吉祥寺でビジネスを成功させるにはどうしたらいいか?を考え、
    具体的なアクションに落とし込む。
    そんな活動を企ててます。





  • TPP交渉参加でも、地産地消モデルで農家も元気に!


    今日、野田総理がTPP交渉参加を表明しました。
    大まかに言うと、輸出で収益が上がる自動車産業などは推進派、
    海外から安価の競合品が輸入されてくる恐れのある農業関連の方は反対派のようです。

    僕たちITで地域活性化を目指す地域ブログネットワーク「Areaers」は、
    これまでに、全国各地の地産地消モデルの飲み物、食べ物を応援してきました。
    (なかには農産物と直接関係がないものも含まれますが・・・)

    ・浜松発!はちみつパンプロジェクト
    ・沖縄 塩パイン(てぃーだ商店)
    ・大阪発カレーパン開発ブログ
    ・多摩のご当地食材を使った「おかしな餃子キャンペーン」
    ・東村山出身の漫画家、ご当地グルメ「武蔵野うどん」を題材に
    ・幕張芋神様プロジェクト ブロガー皆で作った芋焼酎「七年祭り」

    もちろん、これだけで全て解決というわけではないけど、
    仮にTPPが締結されたとしても、「もうダメだ~」「打つ手なし」と悲観することはないと思います。
    確かに、海外からは安い農産物・食材も輸入されてくるでしょう。
    中には、安いものを選ぶ消費者の方もいらっしゃるでしょう。
    だけど、そういう人ばかりではない。そういうシーンばかりではない。

    「どうせ買うなら、地元産のものがいい」「地元の皆で生産者の方を応援したい」
    そういう意見を持った消費者の方々も、少なからずいるはずです。
    それは、僕たちが応援してきた先述のような商品が注目を集めたことからもわかると思います。

    僕たちは、地域活性化を目指しています。
    地域の産業を応援します。
    輸出で潤う産業も応援しますが、もちろん農家の方々も応援します。

    実際に、僕は多摩地区の農業関係の方々数名から、
    どうやって多摩の農家が生き残っていけばいいのか・・・といった相談も受けていて、
    ちょうど、今日の夕方に弊社に来ていた奄美群島のAreaers「しーまブログ」の編集長と、
    どうやって地元の農業関係の方たちを応援していこうか?という会議をしました。
    僕たちができる具体的な活動案も次から次に出てきています。

    イマコレトレッター、キョウコレウッテター・・・ネーミングはこれからですし、
    内容もまだまだ詰めが必要ですが、「たまりば」では地域の生産者の方々を応援するコンテンツを、
    年内を目途に立ち上げたいと思っています。
    この企画の実現のためには、僕たちだけでは力不足で、
    地域の皆さんの力をお借りすることになると思います。
    当然、農業関係者の方々にも協力をお願いすることになると思います。

    僕は、野菜畑が広がる多摩地区が大好きです。
    僕は、茶畑が広がる狭山丘陵が大好きです。
    僕は、牛さんたちがモ~ッと嘶く八王子が大好きです。


    多摩の農家の方、生産者の方を応援します。
    海外という競合が現れても、それに負けないブランド作りと、
    それに負けない販売力・商品力を付けていきましょう!


    慣れない芋焼酎(マクスタさんから頂いた「七年祭り」)で、ほろ酔い状態のこぐまでした~(笑)



    明日は、久しぶりに僕の遊び場(?)、吉祥寺に繰り出しま~す!
    夕方18時に、いつもの鹿児島料理・居酒屋バーオハナにて!





  • 幕張で、マクスタが手掛けた地域活性化の取り組み


    幕張地域で地域ブログAreaersの「マクスタ」を運営している
    幕張実業・ホテルメイプルイン幕張さんにお邪魔してきました。



    「マクスタ」が立ち上がったのは、「たまりば」と同じく4年前。
    その間に、焼酎作ったり、震災復興支援Tシャツ作ったり、
    芋掘りやったり、Webカレンダー作ったり…
    ぜひ、真似したくなる事例ばかりでした!

    ・芋焼酎「七年祭り」をみんなでつくろう!「幕張芋神様プロジェクト」
    ・震災復興支援チャリティーTシャツをつくろう!「Act for Japan」
    ・マクスタカレンダー

    僕たちAreaersの仲間は、全国でこういった地域活性化のための取り組みをしています。
    それぞれの取り組みを「見える化」する準備を始めてますが、
    これは本当に他の人たちには真似できないものになるでしょう。

    乞うご期待!





  • 西国分寺・中央線沿線の町づくりと地域活性化


    昨日は西国分寺でお仕事でした。
    中央線沿線の町づくり事業をされている会社さんにお邪魔して、
    沿線の活性化について、「たまりば」としてお役に立てることは何か打ち合わせ。

    僕たちは、建物を建てたり、お店をやったりすることはできませんが、
    沿線住民の声を発信したり、皆で楽しめるイベントを企画したり、
    宣伝したり、遊びに行って写真を撮ってレポートしたり…、
    こういったことは得意です。
    もちろん、ホームページを作ったり、ブログやソーシャルメディアを
    活用したクチコミマーケティングも。

    僕たちブロガーの声が、中央線沿線の町づくりに活かされるかも。
    そう考えると、ワクワクしませんか?

    こちらは、西国分寺駅中央線下りホームにあるPLATFORM CAFE

    駅のホーム上にウェスタン調のカフェ・バーができました。
    オレンジ電車を眺めながら、コーヒー飲んだり、ランチしたり、
    夜はなんとビールまで飲めちゃう!



    Twitterで話題になっている西国分寺のゆるキャラ
    にしこくん」とタイアップしたカツサンドも。
    小腹を満たすのにちょうどいい手のひらサイズ。
    これが3個、袋に小分けして入ってます。


    西国分寺、ひっそりとリニューアル中。
    駅のホームにオシャレなカフェ・バーがある。
    これは、よその駅には、なかなかないんじゃないかなぁ?
    電車を眺めながらお茶できる、ビールが飲める。
    気になりませんか?このお店?





  • 中央線沿線のまちづくりを考える日


    今日は午後から、西国分寺で打ち合わせが続きます。

    テーマは、このオレンジ電車。
    中央線沿線の町づくりを考える日。
    「たまりば」をはじめ、Areaersが持つノウハウ・実績を結集して、
    中央線沿線の活性化に貢献できるよう、頑張ります!



    写真は高尾駅にて撮影。
    吉祥寺から高尾に引っ越してきた僕にとっては、
    中央線沿線の町づくりはドンピシャなお仕事です。





  • 『チームリーダーの仕事のルール』


    コンビニで売っていた本のタイトルに惹かれ、
    「ジャケ買い」ならぬ、「タイトル買い」しました。
    『はじめての部下指導 チームリーダーの仕事のルール』



    以前に部下がいたこともあるし、
    東京支社の中では社歴が一番長いので、
    部下ではなくても後輩は何人も見てきました。

    なので、「はじめての」は当てはまらないんですが、
    2年くらい「一人っ子体制」が続き、
    メンバーが自分しかいないチームで独り「リーダー」(寂)状態だったので、
    仲間が増えたときのために、
    この本から「リーダー力」を吸収したいと思います。

    一番の狙いは、自分のモチベーションアップなんだけどね。




  • 多摩のご当地グルメについて語ってきた


    こないだの日曜日、昭島市は東中神駅前にあるたんめんと餃子専門店・彩と菜で、
    おかしな餃子を食べながら、東京にしがわグルメを語ろう
    というイベントがあって、親子3人で参加してきました。
    →おかしな餃子について



    「東京にしがわ」というのは、いわゆる多摩地区
    僕の生まれ育った地域であり、たまりばが活性化したいと考えている地域です。

    東京にしがわ大学の1周年を記念して各地で開催された
    食飲会議」にもエントリーされているイベントで、
    東京にしがわが大好きな人たちが10.5人(うちのちびっこ=0.5人)集まって、
    多摩産の食材が入った「おかしな餃子」を食べながら、
    多摩地区のこと、餃子のこと、東京にしがわ大学のこと、
    ちょこっとだけたまりばのこと(笑)なんかを語り合いました。



    たまりばだけでは繋がれなかった地域の人たちと交流できて、
    非常に楽しい時間を過ごせました。

    お店の皆さん、参加された皆さん、ありがとうございました!


    ちなみに、たまりばブロガーで漫画家の斉藤ふみさんが、
    多摩北部のソウルフード「武蔵野うどん」を題材に漫画を描きました。
    こちらも必見!!コンビニで販売されてまーす。
    →東村山出身の漫画家、ご当地グルメ「武蔵野うどん」を題材に